トップ > 慰霊塔・碑等 > 2 各都道府県慰霊塔・碑一覧 > 37.讃岐の奉公塔(香川県)

讃岐の奉公塔(香川県)  クリックで敷地の写真が表示されます

20170321讃岐の奉公塔画像 (2) x700
1 所 在 地   沖縄県糸満市字摩文仁
2 建立年月日   昭和43年5月18日
3 敷地面積   910 平方メートル
4 合祀者数   32,413柱 (沖縄戦戦没者1,120、南方諸地域戦没者18,637、満州乃支那方面戦没者12,656柱)
5 管理団体   財団法人 讃岐の奉公塔慰霊奉賛会

6 慰霊塔・碑のデザインの由来等
  昭和43年5月、香川県戦没者沖縄慰霊塔建立委員会により、沖縄県糸満市字米須の地に、沖縄県及び中国大陸、南方諸地域で散華された香川県出身戦没者3万2千4百余の御霊を合祀する慰霊塔が建立された。
  建立にあたり、この慰霊塔は、香川県に古くから伝わる民話「奉公さん」にちなんで「讃岐の奉公塔」と命名された。
 
7 碑 文
37讃岐の奉公塔(香川県)02
 むかしむかし     
  讃岐の国の殿様に仕える
   可燐な乙女がおってな
 その娘はお姫様の身代わりに
  病気になり 悲しくも命を失った
   人々はその死をいたみ
 誠実にして至純 
  献身的なその心をあわれんで
 「奉公さん」と名づけ 
  人形を作り 功績をたたえたそうな

37讃岐の奉公塔(香川県)03
「讃岐の奉公塔」建立の碑
 沖縄 南方諸地域 中国大陸で祖国の安泰を願い
 家族を案じつつ亡くなられた
 三万二千四百十三柱の御霊
 とこしえに安かれと祈るとともに
 郷土の発展と恒久平和の実現を心から願いつつ
 郷土人形「奉公さん」を想い起し 「讃岐の奉公塔」
       と命名する
       昭和四十三年五月吉日
       香川県戦没者沖縄慰霊塔建立委員会
 
8 香川県戦没者追悼式
  平成17年11月9日(水)
37讃岐の奉公塔(香川県)04 37讃岐の奉公塔(香川県)05
37讃岐の奉公塔(香川県)06 37讃岐の奉公塔(香川県)07
37讃岐の奉公塔(香川県)08 37讃岐の奉公塔(香川県)09
 
9 鯉のぼり掲揚
37讃岐の奉公塔(香川県)10
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。


ezLog 編集