トップ > 慰霊塔・碑等 > 2 各都道府県慰霊塔・碑一覧 > 28.のじぎくの塔(兵庫県)

のじぎくの塔(兵庫県)  クリックで敷地内の写真が表示されます

28のじぎくの塔(兵庫県)01
1 所 在 地   沖縄県糸満市字摩文仁
2 建立年月日   昭和39年6月13日(平成8年3月改修)
3 敷地面積    1,560 平方メートル(兵庫県遺族会所有地/借地なし) 
4 合祀者数    3,073柱(沖縄戦戦没者)
5 管理団体    財団法人 兵庫県遺族会

6 建立の経緯
  兵庫県出身の戦没者3,073柱の御霊を慰霊するため、昭和38年12月7日「兵庫県戦没者沖縄慰霊塔建立委員会」が設立され、広く県民から浄財を得て、昭和39年6月13日に沖縄戦最終の地、摩文仁の丘に慰霊塔を建立した。塔名も公募によって「のじぎくの塔」と命名された。(参考)「のじぎく」は兵庫県花として指定されている。
 
7 塔のデザインに関して
  一般的な「塔」のイメージとは趣を異にし、塔基壇の中央にある主碑の「みたま石」(球状)は戦没者を、それをはさむ2枚の石板「合掌石」は、それぞれ遺族と県民の暖かい手を象徴するとともに、後背の壁は自然の厳しさから「みたま石」を永遠に守り続けることを意味している。背後壁には戦没者3,073名の氏名が刻み込まれている。
 
8 弔歌の作者
  のじぎくの塔左前にある弔歌の「しろしろと しおじはるかに……」の作詞は、坂井時忠氏によるもので、昭和45年から昭和61年まで、4期16年にわたり兵庫県知事を務められた。
 
9 のじぎくの塔慰霊祭
  平成17年10月25日(火)
28のじぎくの塔(兵庫県)02
28のじぎくの塔(兵庫県)03
 
10 鯉のぼり掲揚
28のじぎくの塔(兵庫県)04
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。

 
11 その他情報
28のじぎくの塔(兵庫県)05
参    拝
修学旅行 
兵庫県藍中学校の皆さんが献花し、全員で合唱をしてくれました。
(H15年5月)

28のじぎくの塔(兵庫県)06
千羽鶴奉納
豊岡総合高等学校の皆さんが、平和を願い千羽鶴を供えてくれました。(H15年6月)

 
12 敷地内の花や木
  敷地内で綺麗に咲いていました。
28のじぎくの塔(兵庫県)07 28のじぎくの塔(兵庫県)08
28のじぎくの塔(兵庫県)09 28のじぎくの塔(兵庫県)10
【島守の塔敷地内の歌碑】
20170910敷地の歌碑等 (1)x200 20170910敷地の歌碑等 (2)x200
20170910敷地の歌碑等 (3)x200 20170910敷地の歌碑等 (4)x200
 
 
ezLog 編集