京都の塔(京都府)  クリックで敷地内の写真が表示されます

26京都の塔(京都府)01
1 所 在 地   沖縄県宜野湾市嘉数(嘉数高台公園内)
2 建立年月日   昭和39年4月29日
3 敷地面積   331 ㎡
4 合祀者数   2,536柱 (沖縄戦戦没者)
5 管理団体   社団法人 沖縄京都の塔奉賛会

6 建立の経緯
  昭和39年4月29日、京都府沖縄戦没者慰霊塔奉賛会が京都府出身沖縄戦没者2,536柱の御霊の冥福と世界の恒久平和を祈念して、玉砕の地、宜野湾市嘉数の丘に「京都の塔」を建立した。
 
7 塔の石材
  京都の塔の石材については、京都市左京区の鞍馬から産出する「鞍馬石」という庭石を使用している。
26京都の塔(京都府)02
 
8 碑 文
26京都の塔(京都府)03
 昭和二十年春沖縄島の戦いに際して
  京都府下出身の将兵に二千五百三十有余の
  人びとが遠く郷土に想いをはせ
  ひたすら祖国の奥陸を念じつつついに
  砲煙褌雨の中に倒れた また多くの沖縄住民も
  運命を倶にされたことは誠に哀惜に絶へない


 
9 鯉のぼり掲揚
26京都の塔(京都府)04
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。
26京都の塔(京都府)05

ezLog 編集