静岡の塔(静岡県) クリックで敷地内の写真が表示されます

22静岡の塔(静岡県)01
1 所 在 地   沖縄県糸満市字摩文仁
2 建立年月日   昭和41年4月30日
3 敷地面積    1,674 �
4 合祀者数(建立時)   40,409柱 (沖縄戦戦没者 1,607柱、南方諸地域戦没者 38,802柱)
5 管理団体   財団法人 静霊奉賛会

6 慰霊塔・碑のデザインの由来
 沖縄「静岡の答」は、今次大戦において沖縄を始め、南方諸地域において戦没した本県出身者四万余名の霊を慰めるために、県、市町村ならびに各方面からの寄付金などにより、昭和四十一年四月三十日、沖縄本島摩文仁の丘に建立された。
 沖縄慰霊塔の建立について、当初県は昭和三十七年四月九日付総持連第四〇三号、同年厚生省援護局主催全国主管課長会議の趣旨に則り、県民生部長連絡会議において「沖縄慰霊塔の建立は当分見合わせ、沖縄護国神社の復元費(分担金)に協力する」との方針を決定しており、この方針により沖縄慰婁塔の建立は諸情勢を判断していくこととされた。
 その後、同三十九年春から経済各種団体、遺族会等が現地視察を行った結果、慰霊塔の建立について最早放置しておけない状況であるとして、県に申入れがなされた。
 その一方、県内各団体において、それぞれ独自に建立計画を行う動きが現れ、静岡県防衛協会常任理事会では、慰霊塔の建立に関する審議が行われ、その結果、沖縄慰霊塔建立期成同盟準備会が結成され、準備会委員一行が沖縄に渡航し、敷地の内定、買収手続の依頼等の準備が進められていった。
 こうした状況の中、県としても各団体の計画をとりまとめるとともに広く県民の要望に応えられるよう、慰霊塔建立の機が熟してきたとして、慰霊塔の建立について乗り出すことに決定し、昭和四十年三月の県議会質問第一日総括質問において、斉藤寿夫知事が建立意思を表明するとともに、既成の各県の慰霊塔建立状況等についての調査を実施した。
 その結果、慰霊塔建立のためには各界代表からなる「委員会」または「奉賛会」を結成し、県民の総意により建立することが適当であるとの結論に達し、県防衛協会等の関係各方面と十分協議の上、当該事業を実施する団体の設立が計画された。
 この実施団体の設立に当たっては、先に県防衛協会において結成をみていた沖縄慰霊塔建立期成同盟準備会の方針等を参考とし、昭和四十年四月九日県庁貴賓室において設立発起人会を開催し、知事をはじめ平野東太郎、松井健治、宮崎作次の各氏ならびに県遺族会長、県市長会長、県町村会長等出席のもとに、奉賛会設立の協議を行い、同年四月三十日「静岡県戦没者沖縄慰霊塔建立奉賛会」(名誉会長 静岡県知事・斉藤寿夫、会長 静岡県商工会議所連合会長 平野繁太郎)が発足し、静岡市産業会館において発会式が盛大に開催された。
 沖縄慰霊塔の建立に当たっては、この奉賛会が中心となり、県下全域にわたって広く募金運動を展開し、三〇〇万県民の協賛のもと、官民一体となった熱意と努力、そして沖縄現地政府をはじめ関係各団体の協力の中、昭和四十一年四月三十日沖縄県糸満市摩文仁の丘に沖縄「静岡の塔」はその完成をみるにいった。
「静岡の塔」の概要は次のとおりである。
 位  置  沖縄県糸満市摩文仁ハンタ上原六五八番地の二
 面  積  地域面積   一、六七四平方メ−トル
 設計意匠  石  碑   静岡県工業試験場工芸部デザイン課
 施  行  石材制作   田中石材興業株式会社
 塔 建 設  善太郎組
 着  工  和四十年十一月一日
 竣  工  和四十年四月二十日
 管  理  財団法人静霊奉賛会(沖縄県戦没者慰霊奉賛会と業務委託契約を結び、同会が維持管理業務を施行)
 経  費  一〇二八万三、六〇七円
 
7 銘石碑文
    魂は
  富士につながる
    いついつまでも
       静岡県知事 斉藤寿夫

 
 案内碑文
    静岡の塔
  この塔は遥かに祖国の安泰と繁栄を
  願いつつ沖縄をはじめ南方諸地域に
  おいてその任に倒れその職に殉じた
  静岡県出身の将兵文民の不滅の偉勲
  をたたえその霊を慰めるため県民の
  総意により建立したものである

 
  昭和四十一年五月
  静 岡 県
 
8 「静岡の塔」追悼式
  平成17年11月11日(金)
22静岡の塔(静岡県)02 22静岡の塔(静岡県)03
22静岡の塔(静岡県)04 22静岡の塔(静岡県)05
22静岡の塔(静岡県)06
 
9 鯉のぼり掲揚
22静岡の塔(静岡県)07
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。

 
10 その他情報
参  拝
  ◎千羽鶴奉納
  千羽鶴、お花を供えてもらいました。
22静岡の塔(静岡県)08 22静岡の塔(静岡県)09
 
11 敷地内の花や木
  敷地内で綺麗に咲いていました。(平成18年撮影)
22静岡の塔(静岡県)10 22静岡の塔(静岡県)11
ezLog 編集