東京之塔(東京都)

位置マップ(クリックするとマップが表示されます)
東京の塔1

1 所 在 地    沖縄県糸満市山城
2 建立年月日    昭和46年10月27日
3 敷地面積    8,000平方メートル
4 合祀者数    103,500柱(沖縄戦戦没者6,500柱、南方諸地域戦没者97,000柱)
5 管理団体    東京都      

6 塔の由来

基壇は8メートル四方で、遺族代表が多摩川で採取した小石を敷き詰めている。基壇中央に直径5メートルの塚があり、こ
の塚は建設当時の23区、23市、9町、9村を象徴する64個の石で構成される。塚の中心に縦1.3メートル、横2.3メートルの石
棺を模した舟型式の黒御影石の塔を据えている。上段広場は三方を石垣で囲んでいるが、この石垣は沖縄産の粟石を使
い、沖縄特有の積み方をしている。
《建立の経過》 碑文から
 さきの大戦中、南方諸地域において戦没せられた東京都の関係者は実に10万有余柱に及ぶ。顧みればわれら同胞が戦
禍に堪えて刻苦精励すること20有余年、よく平和の恩恵に浴しえたことは、ひとえに英霊が戦火の悲惨と生命の尊厳を貴い
血をもって示されたたまものにほかならない。
 よって戦没者遺族をはじめ都民1100余万こぞって慰霊の誠を捧げ平和への誓いをこめ、ここ沖縄の激戦地米須の丘に謹
んで東京の塔を建立する。
 み霊よ安らかに眠りたまえ
     昭和46年10月 
               東京都南方地域戦没者慰霊碑建設委員会

碑文1

7 東京都南方地域戦没者追悼式
 平成27年10月30日(金)
追悼式1 追悼式2
追悼式3 追悼式4
追悼式5


ezLog 編集