房総之塔(千葉県) クリックで敷地内の写真が表示されます

12房総之塔(千葉県)01
1 所 在 地   沖縄県糸満市字摩文仁
2 建立年月日   昭和40年12月3日 (平成8年10月改修)
3 敷地面積   663 平方メートル
4 合祀者数   35,693柱 (沖縄戦没者 1,608柱、南方諸地域戦没者 34,085柱)
5 管理団体   千 葉 県

6 建立の経緯
  先の大戦において、沖縄、中国及び南方諸地域で亡くなられた千葉県出身戦没者を慰霊するため建立したものである。
 
7 慰霊塔・碑のデザインの由来
        合掌し、現世の平和と子孫の繁栄を祈る姿を象徴している。
 玉   魂  (塔中央)魂の拠り所として、建立当初は戦没者等の遺品(陶器)をちりばめていたが、平成5年9月の台風により
         破損したため、同年12月3日に、県花である「菜の花」と千葉県を波の形であしらった現在の玉魂に改修した。
         (旧玉魂は塔の後方に埋納)
 塔の名称  「房総之塔」 公募により決定
 
12房総之塔(千葉県)02
8 碑文について 
  房総に 
またかえるなき
   み霊らよ
  海坂とおき
ここに
   鎮みて


沖縄をはじめ、南方諸地域に散華された英霊顕彰のため、比類のない「房総之塔」を建立することができました。ことばに尽くせない辛苦をなめ、ひたすら故郷の繁栄と、家族の幸福、世界の平和を祈りつつ、もろもろの思いを秘めてふるさと遠く戦没された英霊と、頼みの綱を絶たれた遺族の心情、県民の気持ちを、一日見て参拝者に感得させるものとしての碑文がほしかったのであります。簡潔に「父よ子よ兄弟よやすらかに」との心をこめた文章にも心残りがありましたが、建設委員のご意見によって、短歌「房総に、かえるすべなきみたまらよ、せめて語らむ摩文仁の丘」を採用することに決定し、松本千代二先生に添削を、浅見喜舟先生に謹書をお願いし、上掲のとおりとなり、福島県産の「浮き金石」に深く刻み込まれました。
(注)海坂は海境で“うなさか”と読み、“海のはて”の意、また新かなづかいによりました。
 
9 千葉県南方諸地域戦没者追悼式
  平成17年11月26日(土)
12房総之塔(千葉県)03 12房総之塔(千葉県)04
12房総之塔(千葉県)05 12房総之塔(千葉県)06
12房総之塔(千葉県)07 12房総之塔(千葉県)08
 
10 鯉のぼり掲揚
 こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。

12房総之塔(千葉県)09 12房総之塔(千葉県)10
 
11 その他情報
12房総之塔(千葉県)11
参  拝
  
◎千羽鶴奉納
千葉県・高校生の皆さんが、平和を願い千羽鶴を供えてくれました。

 
12 敷地内の花や木
  敷地内で綺麗に咲いていました。
12房総之塔(千葉県)12 12房総之塔(千葉県)13
ezLog 編集