トップ > 慰霊塔・碑等 > 2 各都道府県慰霊塔・碑一覧 > 7.ふくしまの塔(福島県)

ふくしまの塔(福島県) クリックで敷地内の写真が表示されます

07ふくしまの塔(福島県)01
1 所 在 地   沖縄県糸満市字摩文仁
2 建立年月日   昭和41年10月26日(昭和62年改修)
3 敷地面積   11,231 平方メートル 
4 合祀者数   66,304柱 (沖縄戦戦没者 942柱、南方諸地域戦没者 23,947柱、その他地域戦没者 41,415柱)
5 管理団体   財団法人 福島県遺族会

6 建立の経緯
  福島県民の総意を基礎とした期成同盟会を結成し、広く県民各層からの協賛と浄財をあおぎ、ここ大戦最後の激戦地「摩文仁の丘」に英霊へのつきない敬慕と世界平和の永遠の願いをこめて、この「ふくしまの塔」を建設した。
 
7 塔のデザインに関して
  春山建築設計事務所長 春山新三氏が、福島県戦没者沖縄慰霊塔建設期成同盟会から慰霊塔の設計デザイン試案提出の依頼を受けた。
  春山氏は、冥福・合掌・祈り、更に平和への願い等々、各様の具現像の追求スケッチを試み、沖縄摩文仁の丘の地も踏んだ。
  その試案の中で、県の中央に聳え、親しまれている磐梯山を象徴した形態の塔こそ、沖縄の地に建立して英霊をお呼びお慰めするのにふさわしいものと採用した。
 
8 碑 文
この塔は 第二次世界大戦において祖国の隆昌と民族の安寧を念じて戦いに加わり
惜しくも海外において尊い命を散華された 福島県出身戦没者六万六千余柱の英魂を合祭したものであります
われわれは その勇姿をしのび祖国に殉じた誠をとこしえにたたえ そのご冥福を祈るため
ふるさとの清石を運び慰霊の塔とし 八方には異郷の戦場をしのぶ遥拝所を配したものであります
この建立にあたっては 福島県民の総意を基礎とした期成同盟会を結成し
広く県民各層からの協賛と浄財をあおぎ ここ大戦最終の激戦地「摩文仁の丘」に
英霊へのつきない敬慕と世界の永遠の平和の願いをこめてこの「ふくしまの塔」を建設したのであります
同郷六万六千余の霊よ いつまでも そしてやすらかにしずまりますことを祈ります

 
9 ふくしまの塔慰霊祭
  平成17年10月23日(日)
07ふくしまの塔(福島県)02 07ふくしまの塔(福島県)03
 
10 じゃんがら念仏踊
07ふくしまの塔(福島県)04 07ふくしまの塔(福島県)05
07ふくしまの塔(福島県)06 07ふくしまの塔(福島県)07
 
11 こいのぼり掲揚
07ふくしまの塔(福島県)08
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。。

 
12 その他情報
07ふくしまの塔(福島県)09
参    拝
◎修学旅行
玉川村・中学生の皆さんが、黙祷をしてお花を供えてくれました。(H17年7月)

  千羽鶴奉納
  磐梯中学校・西会津中学校・相馬高等学校・猪苗代高等学校の皆さんが、平和を願い千羽鶴を供えてくれました。
07ふくしまの塔(福島県)10 07ふくしまの塔(福島県)11
 
13 敷地内の花や木
  色々な花が綺麗に咲いていました。(平成18年1月24日撮影)
07ふくしまの塔(福島県)12 07ふくしまの塔(福島県)13
07ふくしまの塔(福島県)14 07ふくしまの塔(福島県)15
07ふくしまの塔(福島県)16
ezLog 編集