山形の塔(山形県) クリックで敷地内の写真が表示されます

06山形の塔(山形県)01
1 所 在 地   沖縄県糸満市字真栄里
2 建立年月日   昭和40年2月6日
3 敷地面積   1,005 平方メートル
4 合祀者数   40,834柱 (沖縄戦戦没者 765柱、南方諸地域戦没者 25,612柱、その他地域戦没者 14,457柱)
5 管理団体   山 形 県

6 「山形の塔」の由来 
  「山形の塔」は、沖縄をはじめ海外諸地域において戦没された山形県出身者四万余柱の諸霊を祀ってあります。
  1965年2月に山形県民の総意と誠心による碑石、台座を県から運び建立したものであります。
  また、当地は、多くの山形県出身者で編成された歩兵第三十二連隊が、1945年8月にこの壕内で軍旗を奉焼した由緒ある丘(終焉の地)であります。
06山形の塔(山形県)02
「山形の塔」敷地内にある案内板の記載文
この塔は、沖縄(776柱)をはじめ海外諸地域において戦没された山形県出身者四万余柱の諸霊を祀ってあります。

 
7 山形の塔慰霊祭
  平成17年11月11日(金)
06山形の塔(山形県)03 06山形の塔(山形県)04
06山形の塔(山形県)05 06山形の塔(山形県)06
06山形の塔(山形県)07 06山形の塔(山形県)08
 
8 鯉のぼり掲揚 
06山形の塔(山形県)09
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。

ezLog 編集