宮城之塔(宮城県) クリックで敷地内の写真が表示されます

04宮城之塔(宮城県)01
1 所 在 地   糸満市字摩文仁ハンタ上原
2 建立年月日   昭和43年2月20日
3 敷地面積   996.9 平方メートル
4 合祀者数   45,500余柱 (沖縄戦戦没者 582柱)
5 管理団体   宮 城 県

6 塔の由来 
 碑文の建立に当たっては、戦没者の故郷宮城県阿武隅川のほとりから 石を選び、「宮城之塔」と名付けて石へ刻み、戦没者の追悼の誠を捧げるに、世界の恒久平和を祈念したものである。
 
≪宮城之塔建立経過概要≫
建立の趣意
 いま、わが国は、経済的にも文化的にも世界に類例のないほどの発展を遂げ、われわれ国民は平和と繁栄を享受し、大きな希望をもって限りない前進をつづけています。しかしながらこの平和のかげにはなにものにもかえられない尊い一命を捧げられた幾多の同胞のあることを忘れることができません。とりわけさきの大戦に従軍し、北辺の広野に、南海の孤島に、あるいは空に、海に勇戦奮闘し、惜しくも散華された勇士は、全国で300万人、本県の戦没者は、約45,500人の多きにおよび、その多くは、望郷の念にかられながらも、いまなお戦場となった異国の地に眠りつづけておられるのであります。ここにおいて10余年前から「それぞれの戦場での弔魂は不可能であるがせめて戦没者同様海を渡り、特にわが本土を戦場から救った、今次大戦最後の決戦場沖縄本島に戦没者の慰霊塔を建立したら」という声が盛り上り数年来沖縄への渡航者の増加とともにその要望が高まりましたので、沖縄本島「摩文仁の丘」に180万県民の心から感謝と平和の願いをこめて慰霊塔「宮城之塔」を建立することに決定したのであります。
《塔の位置》
 東経127度北緯25度沖縄本島最南端糸満市摩文仁の丘、太平洋に面し、塔の向きは南南東に向いている。
《合祀戦没者》
 今次大戦において海外で戦没した宮城県出身の勇士45,500余柱の霊をこの塔にお祭りしたものであります。
なお、沖縄方面で戦没した宮城県出身者は582名であります。
《建設工事概要》
ア) 敷地 沖縄糸満市字摩文仁ハンタ上原 966.9平方メートル) 
イ) 建設工事費 3,000万円(総事業費1,100万円)
ウ) 設計者 宮城県土木部計画課 主任技術主査 高橋功
エ) 工事施工者  善太郎組(代表 新垣善太郎)(那覇市)
《建設資材輸送》
   陸送 陸上自衛隊第2施設団第304施設器材中隊
   海送 琉球海運株式会社
余録
塔名 県内から、自然石を選ぼうと、くまなく足で尋ね尽す。
アッタ!これは実に立派なものだ、丸森の清流に、「持って行けるか?」いやどんな苦労しても運んで見せる、と陸上自衛隊からの協力、おかげで、摩文仁の丘では風格、重量感、大きな特一級、琉球海運さんの貨物船の御奉仕ご苦労様でした。
副碑 石材は稲井産の県の銘石に、撰文は河北新報社からの推敲による、加えて加藤翠柳先生の筆により立派にでき上がる、さすが名文であると感に入る、誰でもが繰返し読んでみる。
設計 現地に調和された容姿、土木部の高橋さんの後世に伝える苦心の力作、海外にも誇り高し。
用地選定 取得については琉球政府の各位に格別なご配慮を願い、特に沖縄遺族会・金城会長さんの努力に感謝します。
建設予定は地適当な地所なく低頭懇請してむり無理に取って置きの展望台敷地の割愛を願った、南面の高台地とは全くありがたかった。「残りものに福あり」と高橋知事ご満悦。
募金 県・市町村費の外に一般からの浄財の喜捨を願う、よく理解して寄付してくれた、各種団体・大口のかたがた、又心のこもった遺族の熱意には心から感謝に余りあり、目標額を遙かに超える。これも英霊に対する感謝の気持ちが溢れている現れで建設委員会は謹んで県民の総意の結集と頭を垂れる。
 
7 宮城之塔慰霊祭
  平成17年10月25日(火)
04宮城之塔(宮城県)02 04宮城之塔(宮城県)03
04宮城之塔(宮城県)04 04宮城之塔(宮城県)05
04宮城之塔(宮城県)06
 
8 鯉のぼり掲揚 
04宮城之塔(宮城県)07
こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。

ezLog 編集