トップ > 慰霊塔・碑等 > 2 各都道府県慰霊塔・碑一覧 > 2.みちのくの塔 (青森県)

みちのくの塔(青森県)  クリックで敷地内の写真が表示されます

02みちのくの塔(青森県)01
1 所 在 地    沖縄県糸満市字摩文仁
2 建立年月日    昭和39年11月11日
3 敷地面積    1,827 平方メートル
4 合祀者数    19,847柱 (沖縄戦戦没者 544柱、南方諸地域戦没者 19,303柱)
5 管理団体    社団法人 青森県遺族連合会

6 碑  文
本県南方戦没者1万9847人の慰霊のため、遥か郷土の秀峰岩木山の原石を船で運び、6地区遥拝のために副碑を配置して、昭和39年11月、県民の誠心を込めて「みちのくの塔」が建立された。以来、数回の補修工事や環境の整備を行い、碑前においては、毎年県人多数の参加の下、盛大に慰霊祭を挙行し今日に至る。時移り人変わりて、今後詣でる人々のために歴史的事業である「塔の由来」を碑文に残す重要性を思い、ここに青森県遺族連合会創立50周年記念事業として、木村知事謹作の和歌を献じ「みちのくの塔の由来」の碑を建立する。
平成9年11月11日
昭和39年11月11日
青森県戦没者沖縄慰霊塔建立期成同盟会
会     長 三 浦 道 雄
青森県議会議長 三 村 泰 右
青 森 県 知 事 竹 内 俊 吉
謹 誌
みちのくの塔 副碑文(建立 昭和39年11月11日)
(1)中部太平洋、日本近海、南西諸島方面青森県戦没者慰霊碑 (5,527柱)
(2)ニューギニア、ニューブリテン・セレベス、ソロモン方面青森県戦没者慰霊碑 (1,217柱)
(3)比島、レイテ方面 青森県戦没者慰霊碑 (8,053柱)
(4)マレイ、スマトラ、ジャワ、ボルネオ方面 青森県戦没者慰霊碑 (1,508柱)
(5)秦、仏印、ビルマ方面青森県戦没者慰霊碑 (541柱)
(6)中国大陸、台湾、香港方面 青森県戦没者慰霊碑 (2,455柱)
(注)沖縄本島及び周辺 (544柱)
 
みちのくの塔 県標識(建立 昭和58年3月)
青森県知事      北 村  正 哉
青森県議会議長    脇 川  利 勝
青森県遺族連合会   藤 田  美 栄
みちのくの塔 由来碑文(建立 平成9年11月11日)

7 碑文2
02みちのくの塔(青森県)02
本県南方戦没者19,847柱の慰霊のため、遥か郷土の秀峰岩木山の原石を船で運び、六地区遥拝のために副碑を配置して、昭和39年11月、県民の誠心を込めて「みちのくの塔」が建立された。以来、数回の補修工事や環境整備を行い、碑前においては、毎年県人多数の参加の下、盛大に慰霊祭を挙行し今日に至る。時移り人変わりて、今後詣でる人々のために歴史的事業である「塔の由来」を碑文に残す重要性を思い、ここに青森県遺族連合会創立50周年記念事業として、木村知事謹作の和歌を献じ「みちのくの塔の由来」の碑を建立する。
平成9年11月11日
青森県知事        木 村  守 男
青森県議会議長      高 橋  弘 一
青森県遺族連合会会長   藤 田  美 栄

8 献  歌
うつり香の消えるが惜しと年ごろを洗はですぎし吾子が衣よ 
          弘前市 西丘町  山 本 い し
とこしえに安らけくあれ我が友よはるか潮路のはてにありとも
          深浦町 艫作  三 上  正
征しままとなりはてしかど我が胸にかへり来まさぬひと日とてなし
          八戸市 本徒士町 泉 山 れ つ

9 みちのくの塔慰霊祭
 平成17年11月11日(金)
02みちのくの塔(青森県)03 02みちのくの塔(青森県)04
02みちのくの塔(青森県)05 02みちのくの塔(青森県)06

10 鯉のぼり掲揚
 こどもの日慰霊塔・碑鯉のぼり掲揚事業
平成17年5月1日、全都道府県の慰霊塔・碑に鯉のぼりを掲揚しました(11日まで)。
これは、戦没者がふるさとの父や母、子供たちのことを案じながら亡くなられたのではないかと、戦没者の慰霊と子供たちの健康を願って、各都道府県や遺族会の全面的協力のもと、送っていただいた鯉のぼりを沖縄県在住各都道府県出身者と地域の子供たちが力を合わせて掲揚したものです。
02みちのくの塔(青森県)07 02みちのくの塔(青森県)08

11 その他情報
 参  拝
 ◎千羽鶴奉納
 深浦高等学校・黒石高等学校の皆さんが、平和を願い千羽鶴を供えてくれました。
02みちのくの塔(青森県)09
ezLog 編集